たつの市にて店舗外壁塗装

たつの市にて店舗外壁塗装

先日、たつの市にて行った店舗外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

<施工前>

 

<下地処理>

塗装前に、塗装面を整えるためにケレン作業を行います。

ケレン作業は主に鉄部の錆を除去する際にヤスリを使って行いますが、木部塗装の際にも行います。
木材で出来た部分は塗装するのが非常に難しく、外壁保護機能が10年と言われる塗料を使っても、
木部の場合は、3~5年ほどしか保護膜を維持できないケースがあります。
そのため、できるだけ塗装を長持ちさせるために行うのがケレン作業です。
塗装を始める前に、サビやコケなどの異物をしっかり除去し、剥がれかかっている塗膜を取り除いていきます。
その後、サンドペーパーや工具を使い塗料が密着しやすいようわざと傷をつけます。
あえて塗装面を傷つけることによって、木材と塗料の接触面が増え、密着性が高くなるのです。

ケレン作業が終われば、続いて下塗りに入ります。

今回は木部への塗装のため、木部用の下塗り剤を使用しています。

下塗りでは、中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗ります。

塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右するため重要な工程です。

 

<中塗り・上塗り>

中塗り、上塗りでは建物の外観を決定付ける仕上げの塗料をぬります。

塗料の密着度を上げるため、また上塗りは中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れから外壁を守るために

行うため、下塗りと合わせて塗装は3回塗りが必須となります。

 

<完工>

こちらが塗装後の様子です。

真っ白に仕上がり、お客様にも大変喜んでいただけました!

 

外壁・屋根塗装の一番の目的は「防水」です。

もちろん見た目の美しさである「美観」も大事ですし、夏は外気温が室内に入り込むのを防ぐために「断熱」も必要です。

そして、汚れにくい、劣化しにくいなどの性質も絶対に必要ですよね。

実は、美観以外の塗装における機能的な側面のほとんどは「防水」につながるのです。

では、なぜ防水を徹底しなければならないのかというと、

水は木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させる、外壁・屋根にとってはとても恐ろしい物だからなのです。

ですので、外壁・屋根のメンテナンスはお住まいを長持ちさせるためにとても重要です。

建物の外壁・屋根に合ったメンテナンスを定期的にしてあげることをおすすめいたします。

 

この度は、大西塗装工業をご用命いただき誠にありがとうございました!