たつの市にて屋根・外壁塗装〜足場設置・養生・シーリング〜

たつの市にて屋根・外壁塗装〜足場設置・養生・シーリング〜

先日、たつの市にておこなった屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

まずは足場の組み立て、メッシュシート貼りをしていきます。

 

塗装工事において、「足場を設置しなくても、ハシゴや脚立で作業できないの?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。
余程小規模で低い箇所の塗装ではハシゴや脚立を使用する場合もありますが、基本的に外壁塗装において足場は必須となります。
理由は2つあり、一つは建物のどんな箇所、どんな入り組んだ場所であっても手元で塗装作業ができるようになる点です。
塗装は適正に希釈した塗料を、適切な作業で定められた量を既定の回数塗り重ねることでようやくその性能を発揮します。
例えば、足場で常に手元でしっかり塗装するのと、ハシゴを立てかけてギリギリ手が届く箇所を塗装するのでは、作業に大きな違いがありますし、それが仕上がりに直結します。
ムラなく完璧な仕上がりにするため、そして塗料の性能を十分発揮させるために足場は必要不可欠なものとなります。

また、もう一つの理由として、職人の安全を守るためです。
もちろん作業時には十分注意を払いながら作業を進めますが、予期できないトラブルが起こる可能性はゼロではありません。
そして、高所作業で足場の上で安全帯を装着して作業するのと、ハシゴの上で作業するのではトラブルが起こる可能性は全く違ってきます。
やはりお引き渡しの際には事故やトラブルなど無く、気持ち良く施主様に完工をお伝えしたいというのが我々職人の願いです。
このような理由から、足場は塗装工事において必須となるのです。

続いて、養生とシーリング作業の様子です。

外壁でシーリングが必要な理由は「下地の劣化を早めないため」と「雨漏りなどを防ぐため」です。特にサイディングの外壁工事では目地に隙間が生まれてしまいます。放置すれば雨水が内部に侵入してしまうでしょう。

目地などをシーリングで埋めないと、隙間は劣化しやすくなります。劣化は隙間から他の部位に広がり、外壁の寿命を短くしてしまうでしょう。シーリングは主にサイディングボードの目地や、窓のサッシ周辺、換気口周辺といった隙間を埋めるために利用します。他にも、モルタル外壁の小さなひび割れを補修するためにも使われています。

塗装面以外を養生し、いよいよ次回から塗装に入ります。

引き続き、作業の様子をお届けいたします。