たつの市にて屋根・外壁塗装〜屋根下塗り・ケレン・錆止め〜

たつの市にて屋根・外壁塗装〜屋根下塗り・ケレン・錆止め〜

先日より、たつの市にて行っている屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

高圧洗浄をして劣化した塗料などの汚れを洗い出し、表面が乾きましたら屋根の下塗り塗料を塗っていきます。

下塗りは外壁塗装の基本となる重要な工程で、中塗り・上塗りとまったく機能も成分も違う下地強化剤を塗ります。塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右する大事な工程です。

続いて金属部分のケレン作業を行います。

ケレンは仕上がりの美しさと美観の持ち、そして耐用年数を左右する工程。塗装面の汚れや錆をヤスリで落として平滑で清潔にし、塗料の密着率を上げます。とても手間がかかる大変な作業ですが、ケレンを行うことで仕上がりの美しさが格段に上がり、耐用年数を持続させることもできます。

 

 

 

 

続いて、ケレンをした部分に錆止めを塗ります。

錆止め塗料は主に、金属の腐食やサビを防ぐ役割を担っています。金属面に皮膜を作ることで、錆の原因となる水や酵素を遮断、除去し、サビや腐食を防ぐことができるのです。

通常使用されるその他の塗料でも、一定の効果は期待できるものの、塗膜を水や空気を通すためサビの発生を防ぐことが難しいとされています。そのため、錆止め塗料を使用することで、ある程度のサビの発生や腐食などを防ぐことができるというわけです。

今回は、屋根の下塗りから錆止めの塗布までをお送りいたしました。

引き続き、作業の様子をお届けいたします。